静岡県議会議員 野崎正蔵(のざきしょうぞう)公式サイト・のざき正蔵の県まで届け!磐田の声

住民生活の向上

政治とは「住民生活の向上のためにする、団体意思の構成及び その運用に関する一切の行動」だと考える。
この根本を意識しないで行う政治的行動は、衝動であり、遊戯であり、虚栄であり、或いは乱用となる。
自らを省みながら、根のある政治を目指します。
防災・安全対策に汗をかきます。
・第4次地震被害想定に対応した地震・津波対策の整備推進。
・木造住宅の耐震化プロジェクト「TOUKAI−0」総合支援事業の継続。
・浸水被害が危惧される一雲済川、太田川、彷僧川の総合的治水対策事業を推進。
・見付地区及び豊田町駅前交番の設置促進。
・消防団の装備の充実強化に対する支援制度の創設。
地域振興策に汗をかきます。
・新東名スマートインターチェンジの早期実現。
・JR磐田新駅(袋井・磐田間)設置に対する支援。
・JR磐田駅北口広場の整備に係る支援。
・土地利用の規制緩和。
・エコパやヤマハスタジアムを活用した国際的・全国的なスポーツイベント誘致を推進。
・コミュニティー施設整備事業の継続と予算確保。
・NPO活動等の支援の充実。
保健・医療・福祉施策に汗をかきます。
・保健・医療・福祉が連携した総合的かつ専門的なサービスの提供ができるシステムの構築。
・介護サービス事業の支援強化。
・待機児童解消を目指し「安心こども基金」による施設整備事業の継続。
・切れ目のない支援を目指した、発達支援センター、就労支援施設の整備に係る支援。
・医師、看護師確保対策の充実強化。
・重度障害者(児)医療費助成制度の拡充。
・成人救急医療電話相談事業の創設。
産業振興と雇用対策に汗をかきます。
「内陸フロンティア推進区域」の指定を受けた「下野部工業団地」「福田漁港周辺の食の拠点区域」への支援強化。
・遠州豊田PA南側周辺の開発に係る支援。
・日本貿易振興機構(ジェトロ浜松)と連携した農林水産物や加工品の販路開拓。
・6次産業化による高付加価値化の推進。
・中小企業者の経営力向上と経営基盤強化を図る支援の充実。
・下請企業の受注拡大支援と取引適正化の推進。
・雇用対策として「しずおかジョブステーション」の機能拡充とハローワーク等の連携強化。
教育環境の整備に汗をかきます。
・「指導方法の工夫改善」が図れるように加配教員の維持・拡充。
・教育相談体制の充実を図るためスクールカウンセラーの全校配置の継続と配当時間の拡充。
・外部機関との連携強化を図るためソーシャルワーカーの適正配置。
・学校再編における運営支援事業(教員加配)の期間延長。
・特別支援学級の拡充と支援員等の適正配置。
環境保全に汗をかきます。
・海岸浸食対策事業の促進。
・松枯れ対策事業の促進。
・エネルギーの地産地消の推進。
Copyright(c) 2014 野崎正蔵 All Rights Reserved.