静岡県議会議員 野崎正蔵(のざきしょうぞう)公式サイト・のざき正蔵の県まで届け!磐田の声

新しい年を迎え、ウィズコロナ、アフターコロナを踏まえた着実な歩みが求められています。
国では、新しい資本主義の実現として「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトとした経済政策を打ち出しました。
成長戦略の柱に掲げた(1)科学技術立国(2)デジタル田園都市国家構想(3)経済安全保障(4)人生 100 年時代の不安解消に向けた社会保障改革といったテーマは、いずれも国と連携することで、地方に新たな可能性の広がりを示唆するものであり、真の国と地方の連携により、
この危機的状況を乗り越えることが大きな命題と受け止めています。
静岡県は、新型コロナの終息を目指すためにも、県民と一体になった「感染防止策」と「社会経済の再生」に向け取り組まねばなりません。
また、今後も続く、防災・減災対策、人口減少や少子化対策、県民に身近な生活環境の整備、実効性のある地域包括ケアシステムの構築、地域企業の活力向上など、重要な課題解決に向け、英知を絞り取り組む必要があります。
本年も課題を一つ一つ交通整理をしながら、解決に向けて取り組んで参りたいと思います。
政治は・・・。
思いを形にしていくコト、実現していくコト、そのために・・・。
私は、この大地にしっかりと足をつけ、「変える勇気と変えない誇り」を持って、根のある政治を目指していきます。

静岡県議会議員 野崎 正蔵
Copyright(c) 2014 野崎正蔵 All Rights Reserved.